たかむ家のハムスターとキャバリア飼育日記

ちょいオタの夫婦が初めてのハムスターとキャバリアの子犬を迎えての日々を綴るブログです。愛用のデジタル一眼EOS KISSとPhotoshopを駆使して、写真たっぷりでお伝えします♪
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初めてのお留守番forハナ | main | 監視体制強化 >>

ハムwithout回し車

0
    飽きもせず一晩中回し車を回し続けるハムスターたち。では、回し車を外されたハムは何をして過ごすのか。
    私は疑問に思っていました。

    答え↓

    破壊現場

    脱走企図。

    出られないから!
    出られないから!!!
    (でもちょっとビビったので蓋に重りを追加)
    あんたそれ、こないだお留守番の時に初めてやってからもう何回目だーーーー?
    6回くらいやったかーーーーー????

    きょとん
    「おうちがなくなって困りました。直してください」

    なーーーそうなるだろーーー?

    …………はいはい直しますよorz

    一晩中いろんなものをひっくり返す音がするので、不憫になるやらビビるやらで気になって眠れません。゚(゚´Д`゚)゚。
    もうね、足場を作って給水器に登る手順はカンペキにマスターしました。今朝なんか、足場なしでの登頂に成功してました。

    安静にしてもらうために回し車外してるのに、全然安静になってないじゃないよ!
    こりゃーーもうハウスとかトイレとかも全部撤去するかなぁ。かわいそうだけど。

    -----------------------

    ひと時もじっとしていないのでなかなかケガの具合が確認できないのですが、たかむうが奇跡的に撮影成功しました!

    ケガ状況

    耳の穴は、お迎えした時は気がつかなかったんですが、成長したせいで拡がってきたみたい。はっきり分かります。
    まぁ耳はともかく。

    左手の内側から2番目の指が腫れてるの……分かりますかね?
    手の甲も少し腫れてるように見えます。

    うーーん……。
    数日前に見た時よりマシになってるような気がしますが、なかなか治らない。これは、もしかして捻挫や打撲ではなく骨折だったのかも……?
    全然かばう様子がないから軽症と判断しましたが、病院行くべきだったかなぁ((((;゚Д゚))))

    最近少し人馴れしてきたし……今ならショック死はしなさそう……。
    ちょうど今日は休診日なので、今晩の様子見て決めます。

    また崩壊

    って言ってるそばからまた足場作ってるよこの子は……。
    寝ろ!!
    飼育日記 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    本当っ〜に!!出たくてたまらないんですよね!
    我が家でもかなり必死に登ったり落ちたり、ケージ越しに目で訴えたり…。うぅ…。

    今日なんて、給水ボトルから落ちて餌箱に背中打ちつけてました。全然平気そうでしたが…(-_-;)
    そうそう、昨日は給水ボトルのマジックテープが外れてボトルと共に落ちてたそうです。何やってんだか。乗りすぎですよ。

    今も、がさごそゴトゴト騒がしいです。

    ハナちゃんの手、確かに腫れてますね。でも、痛みはないんですかね??平気で動き回ってるって事は。
    病院で診断してもらった方が、安心は出来るかもしれませんね。お大事にm(_ _)m
    リトルジェム | 2009/04/01 10:00 PM
    こんばんは☆
    ハナちゃんの上目遣いはヤバイですね〜(*>ω<*)

    手は腫れてるみたいですね。
    でも病院ってちょっと考えますよね。
    私もジャンは連れて行きましたけど、
    キンクマさんは…
    本当にショック死しそうでこわいです(-ω-`;。)

    お大事にして下さいヾ(o・ω・)ノ゚
    かち | 2009/04/01 10:39 PM
    ハナちゃん、いつのまにかこんなに出たがりっ子に…(´ー`A;)
    することないからついつい必死になっちゃうのかなぁ。
    ハナちゃんも身体が大きくなると、グニュ〜ンと伸びて天井に手が届く、フタは開けれなくともかじれるよ?とガジガジはじめるかも〜(p´機;*)
    どの衣装ケースも、もう少し背が高ければいいのに…。

    指腫れてるようにみえますねぇ。
    指だけ腫れてるのは 指だけを骨折??
    指先(爪)大丈夫そうですか??
    亡ふたばちゃんは、生まれてすぐ爪をなくし、子供時代はずっと指が腫れてるような感じでした。
    こんなに細い指どうしようもないだろう…と病院へは行かなかったのですが、本人はとくに不便なさそうでした。
    (って、全然違うかもしれないですよね(;;;´Д`)ゝ)
    はなちゃんおだいじに。
    COYASHI | 2009/04/02 10:09 PM
    >リトルジェムさん
    散歩に出してやってもそれほど嬉しそうではないんですが、ケージに返すとまた出たがる……。
    一体何が不満なのか教えてくれハムさんヽ(`Д´)ノ
    うちの子も、昨日給水器から落ちてエサ箱にぶつかってましたよ〜〜……orz
    ビビッたので、給水器周辺から物をどかして、床材をクッション代わりに厚く敷きました。
    給水器ごと落ちるとかめっちゃ怖いですね!
    危ないからホントやめてほしい……。
    でも、うちの子だけじゃないんですね(〃^_^;A

    平気で左右の手を使ってるので、痛そうには見えないんですよねー。
    もしかして、変な形のまま治っちゃってるのかなぁ? とか思ったりしてます。
    確かに、1度病院で診てもらうと私が安心できるかもしれませんねー。


    >かちさん
    ホント、ハナちゃんの上目遣いはヤバイです。
    この子ったら美人さんだな〜〜も〜〜〜出たいのか?ヽ(・∀・)ノ
    ……ってやっちゃいますorz

    あぁ……どこのキンクマさんもビビリ屋なんですね(〃゚д゚;A
    うちもジャンは全然平気そうに思えたけど、それでも相当ストレスだったみたいですしねぇ。
    病院に行って確実に治るなら連れて行ってあげたいけど、このちんまい手を骨折してたとして、目視確認するのも困難なのに何か治療ができるのか……。
    ハナちゃんをショック死させかねないストレス度合いを考えると、非常に悩みます(≧_≦;)


    >COYASHIさん
    できるだけ背の高いケースを選んだつもりでしたのに、キンクマさんの背伸び&懸垂力はハンパないですね!!
    ホント、モモが全然出たがらないので、ハナがこんな風になるとは予想もしませんでした。
    回し車があった時はここまででもなかったので、やっぱりヒマなんですかねぇ……。

    爪をなくしてて指が腫れたままになるなんてこと、あるんですねぇ!
    昨日たかむうが衣装ケースの前面をアクリルにしてくれて、やっと観察しやすくなったのですが、やっぱり指1本だけ骨折しているようです(´Д`;)
    他の指を曲げて食事している時、1本だけ動いてなくて……。
    そんな状態だからか、爪は1本だけかなり伸びてしまっていたので、スタミノールにお助けいただいて、初爪切りに挑戦しました(゚д゚;)
    たぶん、鼻をケガした時の喧嘩で折っちゃったんじゃないかなぁ……。
    ほんと、このちっちゃい指1本を、病院に行ったからといて何か治療できるのかすごく疑問なのですよね。
    本人全然不便してなさそうだし……悩みます……。
    ちゃな(嫁) | 2009/04/03 9:14 AM
    はじめまして。
    キンクマ二匹かっています。

    実は、一方の子が同じように手の甲がプクッと腫れています。

    心配で色々見てるんですが原因不明でして
    宜しければ近況教えて下さい。


    ひうら | 2009/05/05 12:19 PM
    >ひうらさん
    はじめましてー!
    キンクマ二匹! 一匹でも奔走させられてるのに……orz

    うちと同じ状況かどうかは分かりませんが、手の甲の腫れはやっぱり骨折のようです。
    安静にさせていたら少しずつ腫れが治まってきているんですが、指が曲がっているのがはっきり分かってきました。
    うーん、痛そうにはしてないんですけどねぇ。
    もう曲がってくっついてしまったのかもと思っています。
    どっちにしろ治療のしようがないので(痛がっているなら、投薬で緩和はできるはずですが)、仕方ないかなぁと思っています(^^;)
    ちゃな | 2009/05/07 3:16 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE