たかむ家のハムスターとキャバリア飼育日記

ちょいオタの夫婦が初めてのハムスターとキャバリアの子犬を迎えての日々を綴るブログです。愛用のデジタル一眼EOS KISSとPhotoshopを駆使して、写真たっぷりでお伝えします♪
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 巣箱、帰還 | main | 明日から旅行(´・ω・`) >>

ウェットテイルで死なせないために

0
    モモの闘病中、コメントで応援くださった皆さま、メッセージで応援くださった皆さま、毎日ブログを見に来て心の中で応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
    皆さまの応援パワーのおかげで、モモはひとまず安心できそうなレベルまで立ち直ることができました。

    ニッパイピンクうまうま

    ペレットも、全量とはいきませんが、問題ない量食べてます。
    自分でお水も飲むし、野菜や嗜好品は完食するようになりました。
    保定我慢したご褒美におやつをあげると、受け取るようになりました。
    (ミニカボチャ団子なら自分でお薬を飲むようになったのですが、下痢にいいとは言いがたく……うーん)
    昨晩は、ちょっとだけ回し車を走ったような様子もあります。

    よかったよう。゚(゚´Д`゚)゚。


    皆さまの応援と、モモにぷくぷくの予備燃料を与えてくださった神様のおかげだと思っています。
    もちろん、病院の先生と、夜遅くまで看病に付き合ってくれた夫にも大感謝。
    がんばってくれたモモにも、お礼を言いたいです。
    -------------------

    今回の下痢ですが、先生のお話と自分で勉強したことを総合すると、なんとなく原因などが見えてきました。
    病名は、真菌性腸炎ということでよさそうです。
    広義にはもちろんウェットテイル(=急性の悪辣な下痢)ですが、本来の意味である増殖性回腸炎にはあてはまらなさそうな感じでした。

    ※参考(いろいろ見たけど、1番分かりやすいの)
    ハムスターQ&A ハムスターの病気/下痢
    http://ham119.info/log/eid400.html


    真菌とは、つまりカビのことです。
    カビの生えた水・食物等を摂取することが原因になるそうです。

    水は毎日取り替えているし、水入れも毎日洗ってる。
    エサ箱の方も同様です。
    どう考えても、ケージの地上部分ではカビの生えたものなどあったとは思えません。
    散歩コースの途中に何か古い食べ物のかけらが落ちていたのを拾い食いしたかもしれませんが、散歩はサークル内の狭い範囲だし、掃除もこまめにしているし、比較的考えにくいですね……。

    カビが生えていたとしたら、まず地下の貯蔵物でしょう。
    『1週間掃除を控えて放置』が数クール続いていた不潔な環境の地下で、カビが生えてしまっていてもまったく不思議はありません。

    また、当初から考えていたように、水分の多いキュウリを初めて与えたことがきっかけというのは十分ありえます。
    あのひどい状態の廊下には、雑菌もたくさんいたでしょう。

    もちろん、これらの原因があっても心身が充実していれば普通は発症しない、というのは人間もハムスターも同じようです。

    つまり、ストレスです。

    不潔な環境での生活は、綺麗好きなハムスターにとって相当なストレスだったでしょう。
    1週間に1度大掃除(リセット)をする羽目になっていたのも、ストレスだったでしょう。
    掃除のたびに大好きなケージから外へ追い出されるのも、ストレスだったでしょう。

    私なりにハムスターに快適な環境を届けるために一生懸命試行錯誤してやっていたことで、いたずらに自分を責めても仕方ないとは思いますが、やはり地下型巣箱をうまく使わせてあげることができなかった私の落ち度だと思います。
    せめて、初めから図面どおりに作っていれば……。手を出しすぎていることに早く気付けば……。リセットを繰り返すにしても、もっと健康を考慮して不潔にならない範囲で行えば……。

    こんな至らない飼い主にもう1度やり直すチャンスを与えてもらい、神様に感謝しなくてはいけません。


    それと、『ただの下痢だと甘く見ていたら命を落とす』というのは本当だったと深く身に染みています。
    お尻が汚れているのに気がついた時点で、便が軟便程度でも、本人が元気でも、お尻の汚れがすぐ取れたように見えても、速攻病院へ行くべきでした。
    あんなに突然勢いをつけて悪くなるなんて……。
    正直、頭では分かっていたけど甘く見ていたと思います。


    さらに付け加えるなら、毎日3回も下手な保定で投薬するのは、病状の悪化に一役買ったと思います。
    できれば健康なうちにやっておきたかったこと2つ。

    ・食欲が落ちてもその個体が絶対食べる嗜好品の発見。1個や2個じゃダメ。
    カボチャやミルクがお腹に悪いと禁じ手になって本当に困った。

    ・飼い主、ハムスターともに保定に慣らしておく。
    『体が辛い→下手くそな保定→苦い薬→ストレス』のバッドループ。元気なうちなら『保定→見るだけの健康チェック→ご褒美→だんだん慣れてくる』のしつけも可能だったはず……。

    ※もう1回参考URL貼っときます
    ハムスターQ&A
    http://ham119.info/log/eid380.html
    ねずみでちゅう
    http://www.geocities.jp/dekaimidorigame/hospital1.htm



    自分の至らなさを並べ立てるのも苦々しいですが、皆さまのハムスターが長生きするためのお役に立てれば……。

    ---------------------

    ところで昨日、モモが巣箱に帰還したと日記を書いたのですが、その後すぐにまた野良寝に戻りましたw

    ホイール下の寝床

    何日かは場所を移動してたのですが、どうやらホイール下に決めたようです。
    でも時々巣箱に戻っていくんだよな〜。

    オシッコで不潔になってしまっていたので、まぁ寝床にしてないならいいだろうと思って巣箱は丸洗いしました。
    また廊下にもトレイを敷いて、今度は巣材を入れずに1日様子を見ていると……

    分かりました何をしに地下へ行っているのか。

    旧主寝室を貯蔵庫、廊下をトイレにしてるみたいですヽ(・∀・)ノ


    Noooooooooooo!!!!!orz


    それはダメ。本当に今細菌とかにめっちゃ弱い状態だから、絶対ダメ。
    つーかそんな奥深くに貯蔵しなくても!!
    取ったりしないから!!


    そんなわけで、巣箱は一時的に封印しました。
    蓋を左右逆に嵌めて、上から床材をさらーっとかぶせただけです。
    寝床じゃないならなくなったってそれほど慌てないでしょ、と思ったのですが、実際「あっれー?」という動作はしてますけど慌ててはいないようです。

    一応、まだ地下型巣箱使用を完全にあきらめたわけではないので、地下のトイレトレイを上に持ってきて、外付けトイレとして置いておきました。トイレを覚えさせるためです。

    外付け巣箱トイレ

    何のしつけもしてないのに、寝床から1番遠いところに置いておいたらすんなり使ったんですけどなんでそれが地下ではできないの(`・ω・´#)

    やっぱりなんか原因があるんだろうなぁ……。
    飼育日記 | permalink | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    モモちゃん、よかったですね〜♪
    ちゃなさんも一安心といったとこですね。
    やっぱりストレスが病状に拍車をかけてしまうんですね・・・
    地下型巣箱もしばらくはお休みですか〜

    私も参考にさせていただくことが多く日々勉強です。
    はむちゃんが快適に過ごせるようお互い頑張りましょうね♪





    miracle | 2009/01/28 5:09 PM
    治ってよかったですねぇ〜!

    たいへん失礼ながら
    >旧主寝室を貯蔵庫、廊下をトイレにしてるみたいですヽ(・∀・)ノ
    のところで、爆笑してしまいました(シゴトチュウナノニ)

    でも、原因がかびらしいというのは、地下型巣箱を使うものにとっては深刻ですねぇ。ハムスターはほお袋にいれて食材を運ぶため、野菜をあげるとペレット類も湿ってしまいます。野菜をあげないならまだマシなのですがそうもいかないし。

    うちは強制的に糞と餌を撤去!を癖付けてしまいましたが、梅雨時が怖いです。
    鹿 | 2009/01/28 5:53 PM
    モモちゃん、元気になって良かったですね。
    やっぱり、たくさん食べてくえる姿は安心しますね。
    カビですか、、、怖いですね。うちも安心できません。
    ハムちゃんの習性を考えて、住みやすい環境を作っても見事に
    裏切られますし(笑)うまく行かないです。
    餌にも、気をつけていくます。

    ブログ友達に登録させて頂きます。ありがとうございます。
    今後とも、よろしくお願いします。

    六地蔵様 | 2009/01/28 6:12 PM
    はじめまして。おじゃまします。
    モモちゃんの経過をハラハラしながら見守っていたのですが、
    回復に向かってくれて、本当に良かったです。

    今回の記事は、個人的にとても参考になりました。
    うちのコは幸いにもまだ体調不良になっていないのですが
    もしなったとしても、1日くらい様子を見てしまいそうでした。
    危険だということは知っているのに、私も甘かったんですね。
    教訓をちゃんと伝えてくれるちゃなさんに感謝です。
    ありがとうございます。これからも応援しています!

    ついでで申し訳ないですが、数日前にハムスターブログを始めた際に、リンクを貼らせていただきました。
    ご報告までに|ω・)ノ
    ゆう | 2009/01/28 8:25 PM
    ももちゃんの回復、ほんとによかったです。みんな一安心。
    う○ちがちょっとゆるいかな? を乳酸菌タブレット増やしとこ〜で済ましていた私も、大変考えさせられました。
    てきと〜な飼い主改め、少しは慎重になろうと思います。。
    地下型巣箱って木じゃないと駄目なんですかね?
    ジャブジャブ丸洗いできれば、カビも生えないかなぁ〜とか素人は思っちゃいます(´∪`;
    自分の匂いがしみこまなきゃ落ち着けなくて意味ないのかな?
    COYASHI | 2009/01/28 11:50 PM
    >miracleさん
    ありがとうございます〜m(_ _)m
    ほんとに一安心です。「食べた! 歩いた!」って一喜一憂ですw
    地下型巣箱はうまく使えばとっても快適になるはずなのですが、未熟な飼い主で使いこなせてません……。
    ハムちゃんに素晴らしい日々を与えてあげるため、お互い頑張りましょう(`・ω・´)


    >鹿さん
    あははははw 私も笑っちゃいましたよもーorz

    「カビの反応が陽性」と聞いて、私も本当に青くなりました。
    地下型巣箱を普及させたい自分としては思いと裏腹ではあるのですが、これは絶対にみなさんにお伝えしておかなければと思い……。
    実のところ、オシッコをトイレ砂の上でしてくれさえすれば、砂に吸水性があるので気になるほどの湿気にはならないようです。廊下に砂を敷いた時は、人間が分かるくらい違いました。
    野菜は絶対撤去ですね(`・ω・´)
    梅雨は非常に心配です……。やっぱりシリカゲルを……w


    >六地蔵様さん
    1週間前までは「あんまり食うなコラ」と思ってましたが、やっぱりハムはもりもり食べてる姿が癒されますね! とりあえずどんどん食え!(`Д´)⊃。。←エサ
    私もモモのために誠心誠意やったつもりだったのに、本当にハムは思い通りにいきません。
    これから地下型巣箱を使用される方には、私たちの失敗を踏み台にして素晴らしい地下生活をしてほしいと思いますorz

    ところで『様』までがHNなんですね! 気がつかなくてすみませんw
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!


    >ゆうさん
    初めまして! 応援本当にありがとうございますm(_ _)m
    やっぱり、ちょっと軟らかい便してるくらいだと、分かってても「1日様子見て……」って思いますよね!? 飼育書に速攻病院行けって書いてあるのは重々承知なのですが……。
    まさか本当に死にかけるなんて……。なんて、言い訳ですけど。
    私たちの苦い経験がほんの少しでもみなさまのハムさんたちの健康に役立てば、モモの苦しみも報われると思います……。

    ブログ見させてもらいましたー!
    いきなり地下型巣箱なんですね! 幸せなハムちゃんだなぁ〜。
    あとでゆっくり読ませていただきます♪


    >COYASHIさん
    うちのモモさんのことをこんなにたくさんの人が心配してくれて、モモも私たちも幸せものです(゚´Д`゚)
    いっぱいハムさん飼ってるのに今まで保定もせずに済んでたり、病気もあんまりせずに長生きさせてたり、きっとCOYASHIさんは『てきと〜』って言っても良い方の意味の『適当』な飼い主さんなんですよ。
    ハムさんののんびりペースとちょうどいい感じにあってるんですかね? コツがあるなら教えてほしいですわ〜orz

    地下型巣箱、本家では牛乳パックで作るやり方も紹介されてました。それなりに通気性があれば、他のものでもOKだと思います。
    が。
    木製でも丸洗い&天日干しで殺菌はできるんですけれども、『洗えない』わけでなく『洗わない』が地下型の飼育方針なので困ってしまいますorz
    基本的には、一切手出しをしないハムの楽園を作ることで、ストレスを限りなく0に近づけて、病気を予防しようという思想ですねー。
    実際有効な手法だとは思うのですが、うちみたいに上手くいっていない時が問題だというのが露呈した形です。
    今度その辺もまとめてご報告しようと思ってます(`・ω・´)
    ちゃな | 2009/01/29 1:31 AM
    ちゃな様

    はじめまして。ハムスター飼育初心者の千鶴と申します。
    ももちゃんが回復に向かっているとのことでこれで一安心ですね。

    いつもひっそりロムっておりましたが、今回の件で思うことがあって書き込ませていただきます。

    ももちゃんの「地下型」は水槽の中に設置されてますよね?そのために地下型の巣箱の周りに空気の対流がない、もしくは極度に少ない状態なのではないでしょうか?
    それゆえに、地下型内が湿度が高く、貯蔵食がかびやすくなったのではかなぁ、と思ったのですがどうでしょう。

    地下型の巣は木製なので、空気に触れていれば巣の中が蒸れるとはあまり考にくいですよね。

    ハムスター飼育初心者なのであまり、確信はないのですが、当家でも地下型の導入を検討しています。そのなかで、製作担当の主人が、木が乾燥してゆがむのではないかと心配していたことを思い出したので、一考に価するかと思って書き込んでみました。
    千鶴 | 2009/01/29 4:08 AM
    おはようございます。
    ややこしい名前ですみません。様はなくてOKです。
    なんなら『六さん』で、、、(笑)
    六地蔵様 | 2009/01/29 9:37 AM
    いやぁホント良かったですー。
    若さもありますね。
    高齢ハムになると回復が難しかったかもしれません。
    ももちゃんよく頑張っているね。
    みんなにたくさん愛情を注いでもらって幸せだね。
    早く元気になって、またいろんなしぐさで飼い主さんを癒してあげてね。
    シワワセ | 2009/01/29 12:23 PM
    >千鶴さん
    初めまして! いつも読んでくださってありがとうございますm(_ _)m
    また、貴重な意見をありがとうございました。

    はい。実際、水槽内蔵型だから湿気がこもる、というのは大いにあると思います。
    実はそれを懸念して、初期版にはシリカゲルを置いておく部屋があったくらいで……。
    いい案だと思ったのですが、マーキングがやまないため考えられる異物はすべて排除した結果、今の形になってしまいました。できればまた置きたいんですが……。

    現在廊下にオシッコをされる対策として、いたるところに牛乳パックを敷いています。そして、モモさんはその上にオシッコをしますorz
    1度廊下にトイレ砂を敷いてオシッコを吸わせた際、モモは嫌がったのですが、もう人間にはっきり分かるくらい湿気が違いました。
    確かに湿気がこもりすぎるのは内蔵型のせいですが、問題になるほど湿度が上がるのは、撥水性の高いトレイの上にオシッコをし続けるせいだと考えています。
    本当は、外付けにできるならしたいんですけどねぇ……。
    毎日水槽を持ち上げてお世話するのはちょっと無理なのでorz

    ちなみに、木は歪みますよーw
    天板が嵌まらなくなって本当に困りました。
    うちでやった対策です⊃http://hamster.chihana.net/?eid=721018


    >六地蔵さん
    じゃあ、『さん』に戻します……w
    『六さん』ってなんか時代劇に出てくる男の人みたいw
    ちゃな | 2009/01/29 12:25 PM
    >シワワセさん
    応援本当にありがとうございましたm(_ _)m
    ホント、若さはありますね!
    もともとが元気いっぱい、食欲旺盛でしたから、体力のたくわえがあったんでしょうね……。
    みなさんからいただいた愛を、モモに見せてあげられたらいいのに!
    もう私はすでに癒してもらってます〜〜(*´д`*)
    ちゃな | 2009/01/29 12:38 PM
    はじめまして。
    私の家にも4日前にきんくまの子が来ましたが昨日の夜から下痢をして
    朝病院につれていったらウットテイルと診断されました
    回復は非常に難しい病気といわれました。
    ももちゃんは病気に勝ったとうことですがどのようなお世話をされたのですか?良かったらききたいです。
    りさ | 2013/11/02 11:46 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE